楽に売るならメルカリで!送料は何円?【送料一覧有】

メルカリの梱包サイズと送料を知りたい

本をメルカリで出品したいけど出品までの流れがわからない

簡単にメルカリで処分する際のデメリットメリットをおさらいしましょう。

デメリット
1.出品や取引の時間がかかる
2.トラブルが発生する可能性はある

メリット
・買取よりも高値でつく場合が多い

出品や取引の時間ついては、1品合計で30分~45分程度で行っています。(私の体感ではありますが)

不慣れな状態だと1時間程度と考えるのが無難でしょう。

単品の出品の場合、らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便がお得です。

上記2つので考えた場合、以下の金額設定であれば出品で損することは避けられます。

送料(MAX230)+梱包資材代(50円程度)合計280円+手数料(販売価格10%)以上

梱包資材代には梱包の手間を短縮できる封筒(1枚あたり40円前後)を使用している前提としています。

通常のA4封筒などを使用すれば、30円程度は抑えられます。

ネコポス・ゆうパケット最大サイズのクッション付き封筒はコチラ

やっぱり面倒だからメルカリはやめよう

出品した料金が下回りそう

そういったときは、寄贈や宅配買取でまとめて処分することがオススメ

ブックオフ宅配買取なら送料・手数料はすべて無料で箱に詰めて送るだけ

目次

基本的な出品の流れ

まずは基本となる商品出品の流れを説明します

STEP
商品写真を登録する

写真撮影した画像を登録

STEP
商品の詳細を設定する

汚れなどの状態を確認する

STEP
商品名と説明を入力する

「バーコード出品」で説明入力を時短可能

STEP
配送について設定する

「配送料込み」が落札されやすい

STEP
販売価格を設定する

販売手数料10%+配送料でマイナスにならないように注意

STEP
「出品する」を確定する

バーコード出品を利用した場合の出品の流れ

「バーコード出品」を利用するだけで、本の情報テンプレートが設定されます

商品の内容を手入力で設定する手間が短縮できるので便利

売れやすくする書き足し
1.商品の状態などを書き加える
2.一度商品を検索して、メルカリでの販売価格を把握する

では実際にバーコードで商品情報を設定する流れを見てみましょう

※基本的な出品の流れのStep4に該当します

STEP
出品画面で「バーコード出品」を選択する
STEP
出品したい商品のバーコードをスキャンする

表紙や背表紙にあるバーコードどちらかを読み取ることで商品情報とタグ情報が自動入力できる

STEP
出品したい商品の写真を撮る
STEP
商品情報が自動で入力される

これだけで入力する手間がかなり短縮できました。

バーコードのない商品の場合のバーコード出品

カバーがないからバーコード出品ができない

バーコードが読み取れない

バーコードがなくともバーコード出品のように、本の情報テンプレートが設定する方法があります

バーコードのない商品の場合は、以下の方法で出品の情報を表示することができます。

STEP
出品画面の「カテゴリー」から「本・音楽・ゲーム」を設定する
STEP
「商品状態」の下に表示される「バーコードでかんたん入力」
STEP
バーコードスキャン画面右上の「タイトルから探す」を押す

発送方法はどれがおすすめ?

「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」を選ぶのがオススメ

お互い氏名や住所を知らせることなく匿名で発送できるので安心して利用できます。

私は基本的にらくらくメルカリ便を使用しています。

単品での出品が多く、近くのコンビニ発送ですぐに発送できるから

らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸の提供する配送方法です。

配送用の2次元コードを生成し、郵便局またはコンビニ店頭の端末にかざすだけで、宛名書き不要、レジでの会計不要で、発送できます。

集荷を依頼する場合も、宛名書きなしで自宅でドライバーへ送り状を提示するだけでOK

集荷に出すことができるのも嬉しいポイント

ゆうゆうメルカリ便は、日本郵便が提供する配送方法です。

らくらくメルカリ便同様に

配送用の2次元コードを生成し、郵便局またはコンビニ店頭の端末にかざすだけで、宛名書き不要、レジでの会計不要で、発送できます。

ゆうパケットポストを利用する場合は、専用箱の2次元コードを読み取ることで発送も可能。

本の梱包方法

「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」でよく使用されるクラフト封筒の梱包方法で紹介します。

STEP
梱包材を用意する
STEP
ビニール・緩衝材で商品を包む

本が水で濡れないようにビニールで包み、緩衝材で本全体を梱包

STEP
商品を袋に入れる

クラフト封筒に本を入れて、本のサイズに合わせてテープで留めたら梱包

梱包資材としてよく使われるものリスト

  • ビニール袋
  • 緩衝材(エアキャップ、新聞紙など)
  • クラフト封筒など袋類
  • ガムテープや養生テープ

本単体で梱包の手間を省きたい人は梱包資材付き封筒がオススメ

漫画など複数の本をまとめて送る場合は、本を単品で送るときと同じようにビニールで包み、まとめて緩衝材で包んだら、サイズに応じて袋か段ボールに入れて封をしてください。

複数の本を梱包する場合、段ボールなどのサイズを適切に選ばないと送料が上がります

また、商品が動かないように余分に梱包する必要が出るので注意

配送方法の梱包サイズ・送料一覧(早わかり表)

送料や梱包サイズの一覧があれば楽なのに…

そう思った事はありませんか?

メルカリから配送方法ごとの早わかり表が存在します。

【6/16(木)より】メルカリ便の配送サービス利用料金を改定されました。

そちらに対応したメリカリで早見表がコチラ。※下記画像と同様の内容になります

らくらくメルカリ便の送料・梱包サイズ

メルカリ出典
メルカリ出典
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次