Amazon在庫処分セール実施中!Amazonページへ移動する

こんまりメソッドでも困る見られたくない書類。その処分方法はこれだ!

あなたは、こんまりメソッドで片づけをしたことがありますか?
この方法は、ときめくものだけを残すことで、スッキリした暮らしを実現するというものです。
しかし、この方法にも難点があります。それは、見られたくない書類の処分です。
例えば、古い領収書や契約書、個人情報が記載された書類などです。

これらは捨てるにしてもシュレッダーで細かくしなければなりませんし、保管するにしても場所を取ってしまいます
そんな悩みを解決する驚きの方法があることをご存知ですか?
今回は、見られたくない書類の処分方法について紹介します
この方法を知れば、あなたも安心して片づけができるようになりますよ!

この記事の結論

見られたくない書類を処分する時は、業者にするのがオススメ!

無料で利用したい人は、自治体に利用できるサービスを確認する。

有料で処分を依頼する業者は、全国シュレッダー業者検索サイトがオススメ!
少ない量で、個人で処分したいならシュレッダーハサミや家庭用シュレッダーで処分する。おすすめ商品はコチラ

他には、コンビニでのシュレッダーサービスを利用する。
日本郵便の書類溶解サービスヤマト運輸の書類溶解サービスを利用する方法があります。

目次

シュレッダーを業者に依頼するのがオススメ

シュレッダーを業者に依頼するのがオススメ

見られたくない書類を処分する際には、専門業者に依頼する方法があります。
機密文書を処理する業者なら、プライバシーに配慮した適切な処理を行ってくれます
また、業者によっては、処分後に廃棄証明書を発行してくれる場合もあります。

自治体が行っている無料の回収サービスを利用することもできますが、回収できる書類の種類や量に制限がある場合がありますので、自治体のホームページで確認することをおすすめします。
コンビニエンスストアにあるシュレッダーサービスを利用する方法もありますが、費用がかかることが多いため、注意が必要です。

ただし、業者に依頼する際には以下の点にも注意が必要です。

  • 業者によっては、処分にかかる費用が高額になる。
  • 業者の信頼性を確認する 業者に機密情報を預けるにあたっては、信頼性が求められます。
    業者のウェブサイトや口コミなどを確認し、適切な業者を選びましょう。
  • 業者によっては、処分できない書類がある場合がある 業者によっては、処分できない書類がある場合があります。
    例えば、大量の書類や特殊な形状の書類、個人情報を含む書類などが該当します。事前に業者に確認しておきましょう。

以上の点に留意することで、業者に機密文書を預けることができます。
また業者に依頼する場合でも、書類に含まれる機密情報を事前に判断することも大切です。
書類に含まれる情報が機密情報に該当するかどうかを確認し、適切な方法で処分するようにしましょう。

最後に、機密文書を処分する際には、適切な方法を選ぶだけでなく、書類に含まれる機密情報を事前に判断することも大切です。以上の方法を参考にして、安全に機密文書を処分するようにしてください。

プロの業者に頼む時の注意点

シュレッダーをプロの業者に頼む場合は、以下の点に留意することが重要です。

  • 業者の信頼性を確認する 機密文書を扱う業者は、信頼性が求められます。
    業者のウェブサイトや口コミなどを確認し、適切な業者を選びましょう。
  • 処分方法を確認する 業者によっては、機密文書を廃棄する方法が異なります。
    燃やす、粉砕する、リサイクルするなどの方法があります。
    自分が望む方法で処分してくれる業者を選びましょう。
  • 費用を確認する 業者によっては、処分にかかる費用が異なります。
    また処分量によっても費用が異なる場合があります。事前に費用を確認しておきましょう。
  • 廃棄証明書を入手する 業者によっては、廃棄証明書を発行してくれる場合があります。
    廃棄証明書を入手することで、処分後の安心感が得られます。

以上の点に留意することで、プロの業者に機密文書を預けることができます。
安全に機密文書を処分するためにも、ぜひ業者に相談してみてください。

また、業者に頼む場合は、以下の点にも注意しましょう。

  • 業者に機密情報を明かす必要がある 業者には、機密情報を明かす必要があります。
    そのため、業者の信頼性が高いことが大切です。
  • 業者によっては、処分できない書類がある場合がある。
    例えば、大量の書類や特殊な形状の書類、個人情報を含む書類などが該当します。事前に業者に確認しておきましょう。
  • 業者によっては、手続きに時間がかかる場合があります。
    例えば、書類の梱包や配送などが必要な場合があります。事前に業者に確認して、手続きがスムーズに行えるようにしましょう

以上の点に留意することで、業者に機密文書を預けることができます。
機密情報が漏えいするリスクを抑えるためにも、業者に預けることを検討してみてください。

最後に、機密文書を処分する際には、廃棄方法を選ぶだけでなく、書類に含まれる機密情報を事前に判断することも大切です。書類に含まれる情報が機密情報に該当するかどうかを確認し、適切な方法で処分するようにしましょう。

以上の方法を参考にして、安全に機密文書を処分するようにしてください。

シュレッダー業者と溶解業者の違い

機密文書を処分する方法として、シュレッダー業者と溶解業者があります
シュレッダー業者は、機密文書をシュレッダーで細かく破り、廃棄することで処分します。
一方、溶解業者は、機密文書を溶かして廃棄する方法を取ります。

ただし、溶解業者に依頼する場合は、以下の点に注意が必要です。

  • 費用が高額になる場合がある
  • 溶かせない書類もある
  • 環境に悪影響を及ぼす可能性がある

ファイルに綴じられたまま処分ならシュレッダー業者

たとえば、会計書類の保存期間が満了になったり、プロジェクトが終了したりして、書類が不要になったとします。

会計書類やプロジェクト関連の資料は、大抵の場合、ファイルにきちんと綴じられているはずです。
これらの機密書類を廃棄する場合、いちいちファイルから書類を出していては時間がもったいないでしょう。

そのようなときにオススメなのは、シュレッダー業者の利用です。

シュレッダー業者であればファイリングされたまま回収が可能ですし、ホチキスなども外す必要はありません。
時間的コストを削減でき、違うことに時間を使うことが可能です。

地域のシュレッダー業者を調べるなら【全国シュレッダー業者検索サイト】がオススメ

全国シュレッダー業者検索サイトは、シュレッダー業者を一覧で表示し、地域別に絞り込んだり、口コミや評価をチェックすることができます
またサイト内で見積もりを依頼することもできます。
機密書類や個人情報を安全に処分するために、プロの業者に相談することはとても重要です。
さらに、シュレッダー業者によっては、処分後に廃棄証明書を発行してくれる場合もあります。

安心して業者を選ぶために、全国シュレッダー業者検索サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

個人で機密書類を処分する方法

個人で機密書類を処分する方法

機密文書を処分する際、まずはシュレッダーで細かく破ることが大切です。
しかし、破りきれない大きな書類や、破ってはいけない書類もあるかもしれません。

そんなときは、プロの業者に依頼しましょう。
機密文書を専門に処理する業者なら、プライバシーに配慮した適切な処理を行ってくれます
業者によっては、処分後に廃棄証明書を発行してくれる場合もあります。

個人で処分する場合の注意点

  • 細かく破り、分別する シュレッダーで細かく破った上で、重要な情報(氏名、住所、電話番号など)が含まれる部分を切り取り、分別しましょう。
  • 燃やす、または粉砕する 破った書類を紙袋などに入れ、燃やすか粉砕することで、再利用されないようにしましょう。
  • 捨てる場所に注意する 破りかすを出さないよう、専用の袋に入れてから捨てることが望ましいです。
    また、自治体のルールに従って捨てるようにしましょう。

以上のポイントを抑えることで、安全に機密文書を処分することができます。

処分する量が少ないなら【サンスター文具のシュレッダーバサミ】がオススメ

女性などの弱い力でも切りやすく、3~4ミリ間隔で切れます。/

ココデカウ
¥1,356 (2024/03/03 20:26時点 | 楽天市場調べ)

電動なら【アイリスオーヤマ】家庭用静音シュレッダー 7.5L 【P6HCS】がオススメ

\紙類とCD・DVDの細断くずが分別されていて、コンパクトでA4を60枚分入るダストボックス

切るのも面倒な人にオススメ!個人情報保護スタンプ

ローラで転がすだけ!55mm幅を一瞬で識別不能に/

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥1,480 (2024/03/03 20:26時点 | 楽天市場調べ)

機密文書を作成する際にも注意点

  • 不要な情報は記載しない 氏名や住所、電話番号など、必要のない情報は書類に含めないようする。
  • 個人情報は適切に管理する 個人情報は特に注意が必要です。
    必要最小限の情報しか取得せず、適切に管理しましょう。
    不要になった場合には、適切に廃棄することが大切です。
  • パスワードの管理には注意する パスワードを書類に記載するのは避け、適切な場所に保管しましょう。
    また定期的にパスワードの変更を行うことで、セキュリティを強化しましょう。

以上のポイントに留意することで、機密文書の作成時においても情報漏えいを防ぐことができます。
機密文書を安全に処分する方法と、作成時に注意するポイントについて、ぜひ参考にしてみてください。

無料で機密文書を廃棄する方法

無料で機密文書を廃棄する方法

もしも、機密文書を廃棄する際に費用をかけたくない場合は、自治体が行っている無料の回収サービスを利用することもできます。
自治体のホームページなどで回収日程を確認し、必要に応じて申し込みを行いましょう。
ただし、自治体によっては回収までに時間がかかる場合もあるため、余裕を持って申し込むようにしましょう。

さらに、無料回収サービスを利用する場合には、以下の点にも注意が必要です。

  • 回収できる書類の種類が限られている場合がある。回収できる書類の種類に制限がある時があります。
  • 自治体によっては、無料回収の回数や量に制限がある場合がある。
  • 一部自治体では、個人情報を含む書類は回収できない場合がある。

以上のように、無料回収サービスを利用する際には、自治体によって制限がある場合があるため、事前に確認しておくことが大切です。
また回収できない書類や個人情報を含む書類を処分する場合は、業者に依頼するか、自分で処分する必要があります。

最後に、機密文書を廃棄する際には、自分で処分する場合でも、業者に依頼する場合でも、注意が必要です
機密文書は情報漏えいのリスクが高いため、適切な方法で処分することが大切です。

個人で書類を溶解できる?

個人で書類を溶解できる?オススメしない理由

書類を溶解する方法は、一般的にはあまり推奨されていません。
書類に含まれるインクは有害物質を含んでいることが多く、溶解によって有害物質を放出することが懸念されます。
また、溶解には薬品を使用するため、火災や健康被害の危険性もあります。
そのため、書類を溶解することは避けることが望ましいです。

代わりに、書類を安全に処分する方法として、先にご紹介した方法をおすすめします。
例えば、機密書類については、シュレッダーで細かく破り、粉砕する方法。
自治体が行っている無料の回収サービスを利用する方法もありますので、まずはそのような方法を試してみることをおすすめします。

書類溶解サービスを個人で利用できるのは、日本郵便の書類溶解サービスヤマト運輸の書類溶解サービスが存在します。

日本郵便の書類溶解サービス

日本郵便の書類溶解サービスは、機密性の高い文書や個人情報を含む文書を安全に処分するためのサービスです。

専用のゆうパックに文書を入れて郵送するだけで、日本郵便の施設で文書が溶解されます。
溶解された文書はリサイクルされ、環境にやさしい方法で処理されます。

日本郵便の書類溶解サービスは、法律や規制に準拠した文書管理を行うことができる便利で信頼性の高いサービスです。

クリップ、ヒチキス、紙ファイル、閉じひもの取り外し不要と手間いらず。
追跡サービスも付いているので安心です。

利用するのに必要な物
  1. 氏名・生年月日が印字されている
  2. 住所が記載されている
  3. 公的機関、または学校や会社が発行している
個人利用向けサービス

専用キット発送料、セキュリティゆうパック運賃、溶解処理料全てを含みます。

個人利用向けシュレッダーサービス
日本郵便参照
日本郵便参照
340mm
230mm
高さ150mm
料金2,880円(税込)
法人向けサービスの人

溶解処理料:715円
ゆうパック運賃:地域変動
セキュリティサービス料:380円

北海道からの発送例[詳細を見る]

小箱2,375円(税込)、大箱2,625円(税込)

沖縄からの発送例[詳細を見る]

小箱2,665円(税込)、大箱2,925円(税込)

法人利用向けシュレッダーサービス
日本郵便参照
355mm
275mm
高さ215mm
料金2,425円(税込)
小箱の場合
355mm
275mm
高さ435mm
料金2,425円(税込)
大箱の場合

ヤマト運輸の書類溶解サービス

ヤマト運輸の書類溶解サービスは、機密文書を安全に処分するための便利なサービスです。
機密文書を専用の箱に入れてヤマト運輸に回収依頼すると、未開封のまま箱ごと溶解処理されます。
溶解処理後の証明書発行もされるのも嬉しいポイント。

情報漏えいの心配がなく、エコロジーな処理方法です。
テレワーク時に自宅で発生した機密文書も、自宅への回収や最寄りのヤマト運輸直営店への持ち込みが可能です。

機密文書の量に合わせて、さまざまなサイズの箱を選べます。ヤマト運輸の書類溶解サービスは、働き方の多様化とテレワーク推奨をご支援します。

ただし、このサービスを利用するには問い合わせフォームから問い合わせする必要があります

紙と一緒に回収できるサービス対象
  • 書類をまとめたクリップ、ホチキス、綴り紐
  • 少量の感熱紙
  • 少量のバックカーボン
  • 紙製のフラットファイル(プラスチックまたは金属製の留め具付き)
  • 少量の感圧紙
  • 箱を密閉する際のガムテープ
紙と一緒に回収できないサービス処理対象外
  • カセットテープ,ビデオテープ
  • DVD,CD-ROM
  • ビニールファイルケース
  • ディスク,インクジェット類
  • フロッピーディスク
  • パイプ式ファイル
  • プラスチック類
  • シール
  • 合成紙(ラミネート加工品)
ヤマト運輸の書類溶解サービスで使用するBOXサイズ
  • ECOBoxSの場合、A4用紙2,500枚。
  • ECOBoxMの場合、A4用紙5,000枚。
  • ECOBoxSの場合、A4用紙7,500枚。
ヤマト運輸の書類溶解サービスで使用するBOXサイズ
クロネコヤマト参照
331mm
237mm
高さ239mm
料金1,650円(税込)
ECOBoxSの場合
455mm
315mm
高さ282mm
料金2,079円(税込)
ECOBoxMの場合
400mm
300mm
高さ583mm
料金3,080円(税込)
ECOBoxLの場合

コンビニにあるシュレッダーサービスを利用する

コンビニにあるシュレッダーサービスを利用する

シュレッダーサービスを利用する方法があります。
一部のコンビニエンスストアでは、シュレッダーを設置しており、有料で機密書類を処分してくれるサービスを提供しています。書類を持ち込み、スタッフに処分を依頼するだけで簡単に処分することができます。

このサービスは、自宅にシュレッダーを用意する手間や、自治体の回収日程を合わせる手間が省けるため、とても便利です。
コンビニエンスストアは24時間営業しているため、いつでも利用することができます。
ただしこのサービスを利用する際には、注意点もあります。
例えば、一度持ち込んだ書類は、その場でシュレッダーで処分されるため、その後の管理は自己責任となります。
また、コンビニエンスストアによっては、回収できる書類の種類に制限がある場合があります。
そのため、事前に確認しておくことが大切です。

コンビニエンスストアでのシュレッダーサービスは、有料であることが多いため、自治体の無料回収サービスと比較して、費用がかかることもあります。
しかし、自宅にシュレッダーを用意するコストや、時間的な手間を考えると、コンビニエンスストアでのシュレッダーサービスは、とても効率的な方法と言えます。

コンビニエンスストアでのシュレッダーサービスを利用することで、手軽に機密書類を処分することができます

シュレッダーサービスは一部店舗のナチュラルローソンのみ

ナチュラルローソンでは、個人情報書類回収BOXに投函することで、処分してもらう事もできます
漏洩事故ゼロ」「リピート率94%」「創業85年」の信頼と実績をもつ、株式会社デルエフが提携しているため、安心して処分できるでしょう。

ただし、一般家庭から出る個人情報の記載があるものだけとなっています。
それに加え、紙以外の物・加工紙などは対象から外れます。詳細は下記の表を参照。

異物回収できないもの
異物金属類 ※クリップ、ホチキス、金具付きバインダーなど
異物プラスチック ※プラスチックファイル、クリアファイル、ビニールカバー、ビニールテープなど
異物ゴム ※輪ゴムなど
異物
異物発泡スチロール
異物ガラス・陶磁器製品
古紙加工品ラミネート
古紙加工品写真
古紙加工品ワックス加工紙
古紙加工品合成紙
古紙加工品油紙
古紙加工品窓付き封筒 ※窓部分を除けば紙になります

また株式会社デルエフと提携しているコンビニも対応しています。

株式会社デルエフがおこなっているサービス、スポットプラン(不定期回収プラン)なら個人利用向けは980円(税抜)
法人・個人事業主向けには、1,380円(税抜)~でサービスを請け負っています。

法人向けにはなりますが、「東京23区限定」「21箱以上」限定で480円~。と地域限定ではありますが、グッと安くなるプランなどもあります。
そちらに関しては、株式会社デルエフの公式サイトから確認してください。

まとめ

この記事のまとめ

見られたくない書類を処分する時は、業者にするのがオススメ!

無料で利用したい人は、自治体に利用できるサービスを確認する。

有料で処分を依頼する業者は、全国シュレッダー業者検索サイトがオススメ!
少ない量で、個人で処分したいならシュレッダーハサミや家庭用シュレッダーで処分する。おすすめ商品はコチラ

他には、コンビニでのシュレッダーサービスを利用する。
日本郵便の書類溶解サービスヤマト運輸の書類溶解サービスを利用する方法があります。

  • 94年生まれ
  • モノが溢れる部屋に疲れ、ミニマリストに
  • 珈琲とチョコレートが好き

当サイトへのリンクについて

当サイトは原則リンクフリーです。『出典・引用』等の記載があれば、許可や連絡は必要ありません。

フォロー・お問い合わせ
Follow & Contact

\フォローお願いします/

\お問い合わせはコチラ/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次